パチンコ台データオンライン

TOP設計・移行・活用> データベース処理は手間である
How to Eclipse!
Eclipse3ではじめるJava Webアプリケーション開発

第9回:O/Rマッパーの利用
著者:宮本 信二   2005/3/16
1   2  3  4  次のページ
データベース処理は手間である

   前回で説明したように、データベースのテーブルとJavaオブジェクトはもともとデータ構造が違うため、それらを連携する際は「データ変換」という作業が必要になります。

   単純にJDBCを利用する場合、照会系の処理では、ResultSetをJavaオブジェクトに詰め替える作業が必要になり、更新系の処理では、Javaオブジェクトのデータを元にSQL文を組み立てて発行するという処理が必要になります。この処理は単調な作業で、ミスしやすい部分です。

   データベースとJavaオブジェクトのデータ変換を自動的に行うツールはO/Rマッパーと呼ばれます。O/Rマッパーの代表格としては、オープンソースのHibernateや、EJBのエンティティビーン、J2EE標準のJDOなどがありますが、これらは使いこなすまでが少々手間です。ここでは、比較的簡単に利用できるツールとしてS2Daoを紹介します。


S2Daoって?

   S2Daoは、Seasarプロジェクトのサブプロジェクトとして開発されているデータベースアクセスツールです。S2Dao=O/Rマッパーではありませんが、S2DaoはO/Rマッピングの機能を提供しています。

   なお、Seasarプロジェクト()は、J2EEの簡単・便利な利用を目指す、国産のオープンソースプロジェクトです。中核にあるのは、Seasar2というDI(Dependency Injection:依存性注入)コンテナでAOP(Aspect Oriented Programming:アスペクト指向プログラミング)の機能を提供しています。S2Daoは、Seasar2の機能を利用したデータベースアクセスツールです。

SeasarプロジェクトのWebサイト
図1:SeasarプロジェクトのWebサイト


1   2  3  4  次のページ



著者プロフィール
宮本 信二  
テクニカルライター。コミッタ。Java Webアプリケーション開発業務を経て、現在、主にJavaやOSS関連の調査、執筆を行っている。著書に「Eclipse 3 完全攻略」、「JavaデベロッパーのためのApacheAnt入門」(ソフトバンクパブリッシング)、「徹底解説!JSFのすべて」(秀和システム)などがある。


INDEX
第9回:O/Rマッパーの利用
データベース処理は手間である
  DAOパターン
  S2Daoの環境設定
  DAOの作成