パチンコ台データオンライン

TOP設計・移行・活用> HSQLDBのセットアップ
How to Eclipse!
Eclipse3ではじめるJava Webアプリケーション開発

第7回:データベースの利用
著者:宮本 信二   2005/3/2
1   2  3  次のページ
HSQLDBのセットアップ

   ここでは、データベースにHSQLDBを利用します。HSQLDBはピュアJavaのデータベースで、サイズも小さく、簡単に利用できるデータベースとして人気があります。なお、既によく利用しているデータベースがある場合は、この準備の節は読み飛ばして、ご利用のデータベースをお使いください。その際は、以降のJDBCドライバやURLなどを利用しているデータベースに置き換えて読み進めてください。

   HSQLDBでは、以下の4つのモードが利用できます。この記事では、一般的なDBと同様の利用法である、サーバモードを利用します。

モード URLの例 説明
インメモリモード jdbc:hsqldb:. ファイルに書かずにメモリ内で動作するモード。アプリケーションを終了するとデータは消えます。
スタンドアロンモード(インプロセスモード) jdbc:hsqldb:file:/
C:/mydb/testdb
アプリケーション中から起動するモード。ファイルに書くのでアプリケーションを終了させてもデータは消えません。
サーバモード jdbc:hsqldb:hsql://
127.0.0.1:9001
他のデータベースと同様の通常モード。上の2つのモードはHSQLDBを別途起動する必要はありませんが、このモードではHSQLDBをサーバとして起動します。
Webサーバモード HSQLDBをWebサーバとして起動するモード。HTTP経由でSQLを受け付けます。

表1:HSQLDBのモード



ダウンロード

   HSQLDBはから入手できます。ここでは、執筆時点での最新リリースであるバージョン1.7.3_1をダウンロードしました。ダウンロードしたZIPファイルを展開し、任意のディレクトリに配置します。ここでは、展開したファイルの中のhsqldbディレクトリをC:\thinkit\hsqldbに配置しました。

   さらに、HSQLDBを配置したディレクトリ以下に新たにmydbというフォルダを作り、その下に起動用のスクリプトを作成します(スクリプトについては後述)。

スクリプトの配置
図1:スクリプトの配置
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


データベースの起動

   mydb以下にrundb.batというファイルを作成し、以下のように編集します。

rundb.batの内容
java -cp ..\lib\hsqldb.jar org.hsqldb.Server -database mydb

   このファイルを実行すると、データベースが起動します。

データベースの起動
図2:データベースの起動



管理ツールの起動

   mydb以下にrundbmanager.batというファイルを作成し、以下のように編集します(実際のファイルは一行で記述してください)。

rundbmanager.batの内容
java -classpath ..\lib\hsqldb.jar org.hsqldb.util.DatabaseManager -url jdbc:hsqldb:hsql://localhost

   このファイルを実行すると、GUIの管理ツールが起動します。

管理ツールの起動
図3:管理ツールの起動


   管理ツールでは、画面右上のテキストエリアにSQLコマンドを入力し、Executeボタンを押すとSQLを実行することができます。

1   2  3  次のページ



著者プロフィール
宮本 信二  
テクニカルライター。コミッタ。Java Webアプリケーション開発業務を経て、現在、主にJavaやOSS関連の調査、執筆を行っている。著書に「Eclipse 3 完全攻略」、「JavaデベロッパーのためのApacheAnt入門」(ソフトバンクパブリッシング)、「徹底解説!JSFのすべて」(秀和システム)などがある。


INDEX
第7回:データベースの利用
HSQLDBのセットアップ
  テーブルの作成
  Javaアプリケーションからの接続テスト