パチンコ台データオンライン

TOP設計・移行・活用> Antとは
How to Eclipse!
Eclipse3ではじめるJava Webアプリケーション開発

第11回:Antの利用
著者:宮本 信二   2005/3/30
1   2  3  4  次のページ
Antとは

   
AntはApache Antプロジェクトが提供しているビルドツールです。

   EclipseなどのIDEを使っていると忘れてしまいがちですが、Java Webアプリケーションを実行するまでには、ソース編集 → コンパイル → パッケージング → デプロイという流れの作業が必要になります。これら一連の作業を記述しておき、コマンド一発で呼び出すのがビルドツールです。

   Antもビルドツールの一種ですが、Antは以下のような特徴を持っています。

  • Ant自体はJavaで書かれている
  • ビルドファイルをXML形式で記述する
  • さまざまな「タスク」が提供されている

   Javaで書かれており、XMLでビルドが記述されているため、同じビルドファイルでマルチプラットホームに対応できます。また、さまざまな既存タスクを利用することにより、単にパラメータを指定するだけでパッケージング、デプロイといった処理を苦労せず実現することができます。

   AntのWebサイトはになります。

AntのWebサイト
図1:AntのWebサイト


   AntのライセンスはApacheライセンスで、ユーザは無償で利用することができます。また、既に広く利用されており、安心して利用できるツールです。

※注:ここでは、Eclipseとの連携に絞って説明しているため、ビルドファイルの基本などについては説明しません。Antの基本について知りたい方は、「Ant翻訳マニュアル
()」などを参考にしてください。
EclipseのAnt機能を使ってみよう

   Eclipseでは、Antが非常によく統合されており、簡単にビルドの記述や実行を行うことができます。いくつかの例を示しながら、EclipseのAnt機能を紹介していきます。


例1 Webアプリケーションのパッケージング

   まず、簡単なパッケージングの例を紹介しましょう。第8回で作成したmyjsfプロジェクトのパッケージング、デプロイを行うビルドファイルを作成します。


ビルドファイルの作成

   ビルドファイルは、通常のファイル(Eclipseメニューからファイル → 新規 → ファイル)として作成します。ただし、デフォルトでは名前を「build.xml」とする必要があります。以下はmyjsfプロジェクト直下にbuild.xmlという名前のファイルを作成したところです。

ビルドファイルの作成
図2:ビルドファイルの作成


1   2  3  4  次のページ



著者プロフィール
宮本 信二  
テクニカルライター。コミッタ。Java Webアプリケーション開発業務を経て、現在、主にJavaやOSS関連の調査、執筆を行っている。著書に「Eclipse 3 完全攻略」、「JavaデベロッパーのためのApacheAnt入門」(ソフトバンクパブリッシング)、「徹底解説!JSFのすべて」(秀和システム)などがある。


INDEX
第11回:Antの利用
Antとは
  ビルドファイルの記述 〜 Antエディター
  例2 JUnitテスト
  EclipseユーザにとってのAntの用途