パチンコ台データオンライン

TOP設計・移行・活用> はじめに
Eclipse WTPによる標準開発ツールの提供
Eclipse WTPによる標準開発ツールの提供

第3回:Eclipse WTPのDB系ツールを使う
著者:ビーブレイクシステムズ  富岡 隆幸   2005/12/9
1   2  3  次のページ
はじめに

   こんにちは、ビーブレイクシステムズの富岡です。前回はEclipse WTPを用いてJ2EEプロジェクトの作成を行うことでEclipse WTPに触れてみましたが、今回からはEclipse WTPの多彩なツールをどんどん紹介していきます。

   今回はDB系ツールを紹介します。Eclipse WTPにはDBを操作するための機能が数多く用意されているので、それらを用いて前回と同様にサンプルの作成を交えて紹介していきます。今回のサンプルは、商品情報を管理するDBのテーブルからサーブレットでその情報を表示するものです。


PostgreSQLを導入する

   今回はDBを用いたサンプルを紹介しますので、DBがインストールされている必要があります。本連載ではPostgreSQLを使用して話を進めますので、インストールされていない方は公式ページ()を参考にインストールをしてください。今回はバージョン8.0.3を用いて説明をします。

   DBをインストールしたらDBを起動して、サンプルアプリケーション用のデータベースを作成してください。


JDBCドライバをインポートする

   Eclipse WTPからDBに接続する場合、JDBCドライバを用いての接続になります。よって、第1回で作成したプロジェクト内の"WebContents\WEB-INF\lib"ディレクトリに、Eclipseのインポート機能を用いてJDBCドライバをインポートしてください。

1   2  3  次のページ


株式会社ビーブレイクシステムズ 富岡 隆幸
著者プロフィール
株式会社ビーブレイクシステムズ  富岡 隆幸
大学卒業後、一貫してWebアプリケーションの開発に従事。
その後、オープンソースの可能性に惹かれビーブレイクシステムズに入社し現在に至る。目下、ソフトウェアアーキテクチャの勉強中。最近はアジャイル開発とSpringなどのDIが関心事。


INDEX
第3回:Eclipse WTPのDB系ツールを使う
はじめに
  Eclipse WTPとデータベースを接続する
  データを操作する