パチンコ台データオンライン

TOP設計・移行・活用> はじめに
Eclipse RCP
Eclipseで実現するリッチクライアントの世界

第4回:アプリケーションの配布
著者:ビーブレイクシステムズ  横井 朗   2005/10/4
1   2  3  4  次のページ
はじめに

   こんにちは。ビーブレイクシステムズの横井です。前回まででEclipse RCPのアプリケーションが作成できたので、今回は配布を自動化する方法について見ていきます。また、後半ではEclipse 3.1で対応したEclipse RCP向けの便利な機能についても紹介します。
Eclipse RCPのアプリケーションの配布

   Eclipse RCPのアプリケーションの配布の方法にはいくつか選択肢が考えられますが、今回はEclipse RCPのアプリケーションをJava Web Startを使って配信するためのフレームワークであるWebRCP()を使用します。なお、WebRCPで配信を行うためには、利用するクライアントにあらかじめJava Web Startをインストールしておく必要があります。


WebRCPの配信のしくみ

   まずWebRCPの配信時の動作について説明します。Eclipse RCPはSWTを使用するため軽快に動作しますが、SWTではOSのネイティブAPIを使用するため、環境に応じてSWTのライブラリをインストールする必要があります(Windows環境ではdll、Linux/Solaris環境ではso)。

   WebRCPではこのSWTのライブラリのインストールを自動化するため、"os.name"、"os.arch"といったシステムプロパティでOSを判断し、アプリケーションの展開に先立ち、必要なSWTライブラリをダウンロードします。

WebRCPの配信のしくみ
図1:WebRCPの配信のしくみ


WebRCPのセットアップ

   それではWebRCPをセットアップして、作成したアプリケーションを配信してみましょう。なお、以降の説明ではTomcatのインストールディレクトリを"$TOMCAT_HOME"と表記します。

OS Windows XP Professional
Java VM J2SE 1.4.2_08
Tomcat Tomcat 4.1.31
WebRCP WebRCP 0.3

表1:今回使用した環境

   なお、WebRCPのチュートリアルを変更したほうが簡単にセットアップできますので、今回はチュートリアルで提供されているサンプルを変更しながら作業を進めることにします。

  1. WebRCPのダウンロードページからチュートリアル(webrcp-tutorial-0.3.war)をダウンロードします
  2. "$TOMCAT_HOME/webapps/にwebrcp-tutorial-0.3.war"をコピーします
  3. Tomcatを起動すると、warファイルが展開されます

表2:作業手順

   以上でチュートリアルの準備は完了ですので、「//localhost:8080/webrcp-tutorial-0.3/index.html」にアクセスしてください(環境によってURLは変更する必要があるかもしれません)。

Launch RCP Tutorial
図2:Launch RCP Tutorial

   画面が表示されたら「Launch RCP tutorial」のリンクをクリックしてください。チュートリアルのEclipse RCPのアプリケーションがダウンロードされ、以下のようにアプリケーションが起動すれば成功です。

チュートリアルの実行結果
図3:チュートリアルの実行結果

1   2  3  4  次のページ


ビーブレイクシステムズ
著者プロフィール
株式会社ビーブレイクシステムズ  横井 朗  
オープンソース指向技術コンサルタント。Java専門のソフトウェアハウス〜フリーエンジニアを経て現職。帳票開発のみならず、オープンソースを用いたシステム構築を日々提案。なによりもお客様の真のニーズを求めるため社内外でオープンソースに関する啓蒙活動を行う。


INDEX
第4回:アプリケーションの配布
はじめに
  作成したEclipse RCPのアプリケーションを配布する
  Eclipse 3.1での変更点
  Product Configuration