パチンコ台データオンライン

TOP設計・移行・活用> はじめに
Eclipse実践プラグイン開発
Eclipse実践プラグイン開発

第2回:プラグインの配布とインストール
著者:ビーブレイクシステムズ  大森 洋行   2005/7/11
1   2  3  4  次のページ
はじめに

   今回はプラグインの配布と、インストールの方法について説明します。前回作成した「Hello プラグイン」を使用しますので、作成されていない方は、前回の「Eclipseとプラグイン」を参考に作成してください。

   「Hello プラグイン」は、前回のままでは自分のEclipseのランタイム・ワークベンチしか使うことができません。Eclipseの本体や他のパソコンのEclipseで使うためには、インストールできる形(デプロイ可能なプラグイン)にする必要があり、手動による方法と更新マネージャーを使用する方法があります。2つの方法の流れを以下に示します。
手動による配布とインストール
  1. プラグインのエクスポート
  2. インストールする
更新マネージャーを使用する配布とインストール
  1. フィーチャーを作る
  2. 更新サイトを作る
  3. インストールする

   手動による方法はエクスポートという作業で、デプロイ可能なプラグインのZIPファイルを作成し配布します。そして、そのZIPファイルをEclipseがインストールされているディレクトリに展開してインストールします。


手動による配布とインストール

   それでは手動による方法でプラグインをエクスポートする手順を説明します。

1. プラグインのエクスポート
「プラグイン・プロジェクト」からデプロイ可能なプラグインのZIPファイルを作成します。
2. インストールする
ZIPファイルを配布し、インストールします。

表1:手動による配布とインストール


プラグインのエクスポート

   はじめにプロジェクト「examples.hello」上で右クリックし、表示されたメニューから「エクスポート」を選択します(図1)。

エクスポートの選択
図1:エクスポートの選択

   表示された「エクスポート」ウィザードから「デプロイ可能なプラグインおよびフラグメント」を選択し(図2の1)、「次へ」ボタンをクリックします(図2の2)。

エクスポート・ウィザード
図2:エクスポート・ウィザード

   表示された「エクスポートおよびフラグメントのエクスポート」ウィザードにおいて、「使用可能なプラグインおよびフラグメント」の「examples.hello」をチェックします(図3の1)。そして「エクスポート・オプション」の「次の項目としてデプロイ」から「単一のZIPファイル」を選択し(図3の2)、「宛先」の「ファイル名」に作成するZIPファイルのパスを入力します(図3の3)。

   最後に「終了」ボタンをクリックすると(図3の4)、「宛先」の「ファイル名」に入力したZIPファイルが作成されます。ZIPファイルにソース・コードを含めるときは、「エクスポート・オプション」の「ソース・コードを組み込む」をチェックします。

エクスポートおよびフラグメントのエクスポート
図3:エクスポートおよびフラグメントのエクスポート

   以上で、デプロイ可能なプラグインのZIPファイルを作成することができました。


インストールする

   プラグインの配布方法は、プラグインの提供者がエクスポートによって作成したZIPファイルをメールやWebサイト、ファイル・サーバなどに保存し、プラグインの使用者がそのZIPファイルを取得します。

   インストール方法は、取得したZIPファイルをEclipseがインストールされているディレクトリに展開し、Eclipseを再起動することでインストールできます。


1   2  3  4  次のページ


ビーブレイクシステムズ社 大森 洋行
著者プロフィール
ビーブレイクシステムズ社  大森 洋行
中堅システム開発会社にて、データベース検索ソフトの開発・導入コンサルティング・セミナー講師に従事。その現場の中で、Java及びオープンソースを用いたシステム開発は今後のシステム開発の主流になると考え、それらを独学で学ぶ。本格的にそれらを用いた開発に携わるため、ビーブレイクシステムズに入社。現在、データ項目やその流れの分析に重点をおきながら、Javaやオープンソースを用いたシステム開発に携わる。


INDEX
第2回:プラグインの配布とインストール
はじめに
  更新マネージャーを使用する配布とインストール
  フィーチャーのマニフェスト・エディターで編集する
  インストールする