パチンコ台データオンライン

TOPシステム開発> はじめに
まるごとEclipse!
Visual Editorを使ったSWT開発

第1回:SWTの特徴

著者:五座 淳一(GOZA, Junichi)   2006/3/13
1   2  次のページ
はじめに

   数年前までのJava製クライアントアプリケーションは遅く、見た目も劣っていた印象がありましたが、Eclipseの登場で状況は一変しました。Javaで開発されたクライアントアプリケーションがネイティブなクライアントアプリケーションに匹敵する軽快さ、操作感を持っていることに驚かされたのは記憶に新しいのではないでしょうか。

   そのEclipseのユーザーインタフェースに使用されているのが、本稿で解説するSWT(Standard Widget Toolkit)です。

   SWTの特徴は次のとおりです。

軽快な動作を実現
同じJavaのGUIツールキットであるSwingと比較して優れたパフォーマンスを発揮できます。ただし、使用するPCのスペックが良くなってきたことや、Swingのパフォーマンスが改善されてきているため、以前ほどの差はなくなったように感じます。
ネイティブなルック&フィール
SWTはネイティブAPIを呼び出しているため、プラットフォームネイティブなルック&フィールを実現できます。
動作するプラットフォームは限られている
前述したようにネイティブAPIに依存しているため、主要なプラットフォームではすべて動作するものの、完全なマルチプラットフォームではありません。

表1:SWTの特徴

   このような特徴を持っているSWTですが、進化し続けるEclipseを背景にさまざまなアプリケーションに使われており、今後も活躍の場を広げていくのは間違いありません。

   本稿では、手軽に開発を始められるように、GUIビルダーを使ってSWTアプリケーションを開発する方法を解説していきます。

   GUIビルダーを使うことで、高い生産性が期待できるだけなく、自動生成されたソースコードを使ってGUI開発の学習にも使用できます。


Visual Editor

   手軽にSWTアプリケーションの開発を始めるために、今回はVisual Editorプラグイン(以降VE)を使用することにします。

   VEは、Eclipseのツールプロジェクトで開発、提供されているオープンソースGUIビルダーです。AWT/Swing/SWT/Eclipse RCPの開発をサポートしています。

   VEはWYSIWYGな開発環境を提供しており、画面デザインから自動生成されるのはシンプルなJavaコードのみで余計なファイルが生成されることがありません。そのため、自動生成されたソースコードを使ってGUI開発を学習するのに向いていると言えるでしょう。


開発環境のインストール

   本稿で説明するSWTの開発に必要な環境は次のとおりです。

  • Eclipse SDK 3.1.1 + LanguagePack
  • VE 1.1.0.1 + LanguagePack
  • EMF build 2.1.0
  • GEF Build 3.1

表2:SWTの開発に必要な環境

   Eclipseのダウンロードサイト(注1)からダウンロードし、Eclipseインストールフォルダーに展開してください。

※注1:

1   2  次のページ

株式会社DTS 五座 淳一(GOZA, Junichi)
著者プロフィール
株式会社DTS 五座 淳一(GOZA, Junichi)
技術部所属。入社以来、交換機や携帯電話、Webシステムなど様々な開発を担当する。現在はRuby on Railsを使用した開発に携わり、生産性の高さに驚かされている。

INDEX
第1回:SWTの特徴
はじめに
  SWTの基礎:簡単なSWTアプリケーション