パチンコ台データオンライン

CloudNative Days Fukuoka 2023開催、アタックのデモを交えてセキュリティ施策を解説するセッションを紹介

2023年10月26日(木)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
CloudNative Days Fukuoka 2023から、マクニカの辻氏によるIaaSに対する攻撃のデモと解説のセッションを紹介する。

福岡で2023年8月3日に開催されたCloudNative Days Fukuoka 2023から、株式会社マクニカの辻紀彦氏のセッションを紹介する。

●動画:

セッションを行う辻氏

セッションを行う辻氏

タイトルは「たったこれだけ!? 大規模な情報漏洩に至ったパブリッククラウドの設定ミスとセキュリティデザインポイント」という長いものだ。その前半は情報漏洩の事例を紹介し、実際にAWSにデプロイした3層のデモアプリ(フロントエンド、Proxy、S3ストレージ)を使ってアタックの方法を解説し、後半では、実際にセキュリティポスチャー管理を企業に導入する際の要点を解説するといった内容だ。

アジェンダの紹介

アジェンダの紹介

IaaSの設定ミスから情報漏洩が起きうることを実演

まずはパブリッククラウドをターゲットにしたアタックに関してトレンドを紹介。

パブリッククラウドに対するアタックのトレンドを紹介

パブリッククラウドに対するアタックのトレンドを紹介

ここではアメリカで発生した大規模情報漏洩の事例を紹介した。IaaSの設定ミスで1億人以上の個人情報が漏洩し、約210億円という損害を発生させたという。ここのポイントは設定ミスが不正アクセスを招いたことで、それを実証するために用意されたのがAWSを使ったアタックのデモだ。

アメリカの情報漏洩事例を紹介

アメリカの情報漏洩事例を紹介

そしてここからデモを使って実際にAWSのデータを獲得するまでを実演した。

攻撃者がWebアプリからその背後にあるProxyにアクセスし、最終的にS3のファイルを獲得

攻撃者がWebアプリからその背後にあるProxyにアクセスし、最終的にS3のファイルを獲得

このスライドはデモの後半で使われたものだが、デモの全体像を理解するため、ここで紹介する。攻撃者はWebページから開発ツールを使ってHTMLの要素を閲覧し、その背後に存在するnginxを確認、そのProxyに対して本来ユーザーが行わないURLや引数を渡すことでメタデータを表示させ、そこからクレデンシャルを表示させ、最終的にS3バケットの中身を獲得するまでを示している。

ブラウザーの開発ツールからHTMLの要素を表示

ブラウザーの開発ツールからHTMLの要素を表示

ここではブラウザーの開発ツールからWebページのHTML要素を表示させ、アプリからのレスポンスを使って背後に存在するProxyを確認している。実際にProxyであるnginxからのエラーページを見せ、ユーザーにとっては単なるエラーメッセージであっても、攻撃者にとってはシステム構成のヒントになり得ると説明した。

nginxのエラーメッセージから攻撃者は次の方法の切り口を見つけ出す

nginxのエラーメッセージから攻撃者は次の方法の切り口を見つけ出す

辻氏はAWSのドキュメントサイトを使ってインスタンスのメタデータに関する情報を見せて、攻撃者は公式の情報を使って次の攻撃の方法を編み出していることを実演してみせた。

AWSの公式ドキュメントからインスタンスのメタデータの情報を確認

AWSの公式ドキュメントからインスタンスのメタデータの情報を確認

そしてメタデータを表示し、そこからクレデンシャル情報の獲得を行うわけだが、その獲得方法もAWSの公式ドキュメントに記載されており、攻撃者は何のツールも使わずにURLを工夫するだけでS3にアクセスするためのクレデンシャルを獲得できたことを示した。

ターミナル画面でクレデンシャルが獲得できていることを確認

ターミナル画面でクレデンシャルが獲得できていることを確認

続いて環境変数を使ってS3バケットにアクセス。ここでもAWSの公式ドキュメントには親切に変数名が明記されていることを使ってアクセスを行った。

AWS公式ドキュメントに記されている環境変数の解説

AWS公式ドキュメントに記されている環境変数の解説

そして実際に表示された顧客情報を使ってS3に保存されているデータが漏洩したことを見せた。

デモで使われた顧客情報。この後、実際にローカルにコピーするところまで実施

デモで使われた顧客情報。この後、実際にローカルにコピーするところまで実施

デモの総括として、Web Proxyに設定されているクレデンシャルが参照されてしまったこと、メタデータへのアクセスに認証が不要な設定になっていたことを解説した。特にAWSに用意されているInstance Meta Data Service(IMDS)を紹介し、v1では認証が不要だがv2では認証が必要になったことを解説した。

デモの総括。AWSのIMDSのv2を使うことで情報漏洩が防げたことを示した

デモの総括。AWSのIMDSのv2を使うことで情報漏洩が防げたことを示した

利便性とセキュリティのバランスの見きわめが重要

後半はデモを受けてさまざまな組織が公開しているセキュリティスタンダードを企業においても活用することを奨励し、特にAWSが公開しているAWS Foundational Security Best Practice標準(FSBP)を紹介した。

さまざまな組織が公開しているセキュリティのベストプラクティスを紹介

さまざまな組織が公開しているセキュリティのベストプラクティスを紹介

前半のデモで繰り返し参照したAWSの公式ドキュメントから、EC2においてインスタンスにはIMDSのv2を使用する必要があることを紹介。

AWSの公式ドキュメントからIMDS v2に関する内容を紹介

AWSの公式ドキュメントからIMDS v2に関する内容を紹介

パブリッククラウドの利便性と不正アクセスなどを予防するセキュリティの強化はトレードオフの関係にあるが、それを上手くバランスさせることが大事であると強調した。

利便性とセキュリティのバランスが大事

利便性とセキュリティのバランスが大事

そしてバランスのポイントとして、以下の3つの点を解説した。

  • セキュリティ強化だけを求めない
  • 100%のセキュリティは求めない
  • 資産の重要度を把握する
バランスをとる際のポイントを紹介

バランスをとる際のポイントを紹介

次のスライドでは上記ポイントを具体的なタスクに整理し、企業が行うべきアクションを解説した。

資産の特定、重要度の把握、繰り返し実行が行うべきタスクと説明

資産の特定、重要度の把握、繰り返し実行が行うべきタスクと説明

具体的にそのタスクをパブリッククラウドの設定監査ソリューションに当てはめたのが次のスライドだ。

セキュリティ設定を監査するソリューションとタスクの関係を整理

セキュリティ設定を監査するソリューションとタスクの関係を整理

セキュリティ設定を監査するソリューションとしてCloud Security Posture Management(CSPM)を位置付け、そのソリューションを適用した際にツールが担う部分と管理部門が担う部分を分けて解説したのが次のスライドになる。ここではCSPMが提示したセキュリティの設定変更内容を評価し、それを適用するのが管理部門の役割であり、すべてがツールによって自動化されないことを強調した。また継続的監視が重要であること、パブリッククラウドの使われ方やパブリッククラウド自体も変化することを考えると、システムのアップデートなどの定期的な間隔で行われる作業というよりも毎日継続して注意を払う業務という性格のものであるというのが辻氏の訴求ポイントだろう。

CSPMの運用サイクルを説明

CSPMの運用サイクルを説明

最後にCSPMの実装におけるポイントを解説。費用対効果や運用能力の把握などが提示されているが、ここでもツールに対する費用よりも継続して運用するためには人的なコストが必要となり、そのコストを負担できるか、守るべき資産に対して適切な評価が行えるかというように、想定よりも人的工数が発生することを強調している。

前半のAWSのインスタスに対するアタックが目立つセッションとなっているが、辻氏が訴えた後半のツールのコストよりも継続して設定を監視し、利用の拡大やパブリッククラウドの変化に対応する人的資産の重要性を訴えた部分に注目したいセッションである。

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

クラウドイベント
第5回

CloudNative Days Fukuoka 2023、クアンドのテックリードによるキーノートセッションを紹介

2023/11/15
CloudNative Days Fukuoka 2023から、北九州のベンチャーであるクアンドのテックリードによるキーノートセッションを紹介する。
クラウドイベント
第4回

CloudNative Days Fukuoka 2023、AIを用いたKubernetes運用のツールを解説するセッションを紹介

2023/11/6
CloudNative Days Fukuoka 2023から、3-shakeのSREによるAIOpsの解説とK8sGPTの使い方を解説するセッションを紹介する。
クラウドイベント
第3回

CloudNative Days Fukuoka 2023、GoogleによるGKE上のGateway APIの解説セッションを紹介

2023/11/1
CloudNative Days Fukuoka 2023から、Googleの内間和希氏によるGKE上のGateway APIを解説するセッションを紹介する。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています